2018/08/22 12:09

大和投資信託 | 日本 マーケットレポート

No.234 日本株式市場〜持ち合い相場から上放れのきっかけ待ち〜

ひとことで言うと

  • 日経平均株価は節目の23,000円を手前に上値が重たい一方、22,000円前後では押し目買いが活発に入るなど下値は堅い印象があり、狭いレンジでの持ち合い相場が続いている。
  • 4-9月期の決算発表時には通期の業績見通しを上方修正する企業も増加することが見込まれ、日本株の割安感は一層強まることが想定される。不透明感が払しょくされるであろう秋から年末のどこかで、日本株が持ち合い相場から上放れるきっかけを待ちたい。
運用会社
大和投資信託
カテゴリ
日本 マーケットレポート

キーワード

日本

スポンサーリンク

ご意見お待ちしております。

経済レポートまとめ

最新の経済レポートを一覧にしました。忙しい方は特に、トピックスのまとめ読みをお勧めします。

経済レポートを探す

スペース区切りで複数ワードをAND検索頂けます。

過去の経済レポート

過去1ヶ月間の範囲で、経済動向をご覧頂けます。

土日は通常配信されないため、除外しています。

直近1週間

大和投資信託
関連ファンド(アクセス順)

表内データ:2017/09/14現在

リターンは分配金込の騰落率

ページトップ