2018/08/02 15:14

レッグ・メイソン・アセットマネジメント | アメリカ マーケット情報

FOMCの政策決定と当面の米国株式市場の注目点

ひとことで言うと

  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)は政策金利の据え置きを決定。
  • 9月以降の段階的な利上げ継続の方針を示唆。
  • 底堅さを増す米国景気が利上げ路線を支える。
  • 4-6月期の米国の実質GDP成長率は前期比年率+4.1%へ拡大。
  • 7月の米国株は、中国懸念が後退する一方、ハイテク株の業績不安が台頭。
  • バリュー(割安)株に見直し買いの動き。
  • 安定した業績回復もバリュー株の見直しを後押し。
  • バリュー株の予想PERは14倍台と相対的に割安な水準に位置。
運用会社
レッグ・メイソン・アセットマネジメント
カテゴリ
アメリカ マーケット情報

スポンサーリンク

ご意見お待ちしております。

経済レポートまとめ

最新の経済レポートを一覧にしました。忙しい方は特に、トピックスのまとめ読みをお勧めします。

経済レポートを探す

スペース区切りで複数ワードをAND検索頂けます。

過去の経済レポート

過去1ヶ月間の範囲で、経済動向をご覧頂けます。

土日は通常配信されないため、除外しています。

直近1週間

レッグ・メイソン・アセットマネジメント
関連ファンド(アクセス順)

表内データ:2019/08/01現在

リターンは分配金込の騰落率

ページトップ