2018/03/27 11:14

レッグ・メイソン・アセットマネジメント | アメリカ マーケット情報

米・中間の貿易戦争回避に向け動き始めた通商交渉

ひとことで言うと

  • 米国株は米連邦公開市場委員会(FOMC)を大きな波乱なくこなすも、貿易戦争への懸念再燃で調整色が強まる。
  • トランプ政権は中国による知財侵害への制裁措置として500~600億米ドル相当の輸入品に関税を課す計画を公表。
  • 今回の対中措置は関税適用まで交渉の余地が残る。
  • 鉄鋼・アルミ関税計画では政策運用面で米政権の方針は軟化。
  • 米・中政府はすでに水面下で通商交渉を開始。
  • 中国による米国製品の輸入拡大や金融セクターの市場開放が焦点。
運用会社
レッグ・メイソン・アセットマネジメント
カテゴリ
アメリカ マーケット情報

スポンサーリンク

ご意見お待ちしております。

経済レポートまとめ

最新の経済レポートを一覧にしました。忙しい方は特に、トピックスのまとめ読みをお勧めします。

経済レポートを探す

スペース区切りで複数ワードをAND検索頂けます。

過去の経済レポート

過去1ヶ月間の範囲で、経済動向をご覧頂けます。

土日は通常配信されないため、除外しています。

直近1週間

レッグ・メイソン・アセットマネジメント
関連ファンド(アクセス順)

表内データ:2017/09/14現在

リターンは分配金込の騰落率

ページトップ