2018/02/15 11:14

レッグ・メイソン・アセットマネジメント | アメリカ マーケット情報

米消費者物価の上振れでも米国株が続伸した背景

ひとことで言うと

  • 1月の米消費者物価指数(CPI)は市場予想を上回る上昇に。
  • CPIの上振れでも米国株は4営業日連続の上昇を維持。
  • CPI・コアCPIの前年比は先月から横ばい。
  • 衣料品と医療サービスの価格上昇は一時的要因が影響した可能性。
  • VIX指数の低下により市場変動への懸念は後退。
  • 米長期金利上昇は利ざや改善期待から米金融株を押し上げ。
  • 米長期金利が2.90%へ上昇する中、米国株に金利上昇への耐性が戻りつつあることは市場安定化の兆候。
運用会社
レッグ・メイソン・アセットマネジメント
カテゴリ
アメリカ マーケット情報

スポンサーリンク

ご意見お待ちしております。

経済レポートまとめ

最新の経済レポートを一覧にしました。忙しい方は特に、トピックスのまとめ読みをお勧めします。

経済レポートを探す

スペース区切りで複数ワードをAND検索頂けます。

過去の経済レポート

過去1ヶ月間の範囲で、経済動向をご覧頂けます。

土日は通常配信されないため、除外しています。

直近1週間

レッグ・メイソン・アセットマネジメント
関連ファンド(アクセス順)

表内データ:2017/09/14現在

リターンは分配金込の騰落率

ページトップ