2018/10/01 13:11

しんきんアセットマネジメント投信 | マンスリーレポート

日本経済の現状と見通し : 2018年10月

ひとことで言うと

  • 実質国内総生産(GDP)は4-6月期に同0.7%増(年率3.0%)と、堅調な伸びを示した。
  • ただ7-9月期は、西日本豪雨や北海道地震の影響もあり、一旦減速を余儀なくされる見込み。
  • 9月の日銀短観においても、企業の景況感悪化が示され、とはいえ旺盛な設備投資意欲などを背景に、景気拡大基調は当面不変とみられる。
  • 消費者物価指数の上昇率(生鮮食品を除くインフレ率)は、年末にかけ前年比1%弱で推移する見通し。
  • 原油価格などは上昇しているものの、企業のコスト削減努力などを踏まえれば、インフレ率が2%に近づく可能性は極めて低いと考えられる。なお、9月の自民党総裁選では、大方の予想どおり安倍首相が勝利、これらを受け日銀の金融緩和策を含む経済政策の大枠は、当面、現行どおりとなりそう。
運用会社
しんきんアセットマネジメント投信
カテゴリ
マンスリーレポート

スポンサーリンク

ご意見お待ちしております。

経済レポートまとめ

最新の経済レポートを一覧にしました。忙しい方は特に、トピックスのまとめ読みをお勧めします。

経済レポートを探す

スペース区切りで複数ワードをAND検索頂けます。

過去の経済レポート

過去1ヶ月間の範囲で、経済動向をご覧頂けます。

土日は通常配信されないため、除外しています。

直近1週間

しんきんアセットマネジメント投信
関連ファンド(アクセス順)

表内データ:2019/08/01現在

リターンは分配金込の騰落率

ページトップ